現在の位置 : ホーム > NEWS&TOPICS > NEWS > 中学生のページ 第6号

中学生のページ 第6号

更新日:2015年12月09日

中学生のページ

~健大高崎の熱き指導者たち~第6号

 6-1 健大高崎で指導する熱き先生を紹介するページです。今回は、本校ダンス部の顧問の河野先生に登場していただきました。先生は、3歳からキッズダンスを始め、10歳から本格的にエアロビック競技と取組始めました。主な経歴は以下の通りです。

2000年、2001年 ロサンゼルスで行なわれた世界大会でグループ部門 銅メダル獲得。 2003年 日本で開催されているスズキワールドカップでトリオ部門 銅メダル獲得。 2005年 ロサンゼルスで行なわれた世界大会でグループ部門 銀メダル獲得。 2008年 ラスベガスで行なわれた世界大会で個人 銀メダル獲得。トリオ部門 優勝。 ドイツで行なわれた世界選手権にグループ部門日本代表として出場。2012年、2013年 グループ部門日本代表選手。等々の大活躍をされてきた先生です。現在、本校で体育の非常勤講師として勤務の他、GYMNA ダンススタジオにて、エアロビック・体操指導も行うとともに、本学幼稚園での課外授業ダンス指導も担当されています。

また、群馬テレビの「ポチッとくん体操」でも活躍中です。

氏 名   河野さゆり

教 科   保健体育

①中学、高校時代から大学にかけて、どのように競技と取り組みましたか。

 3歳からダンスを始め、10歳から現在も続けているエアロビック競技を始めました。競技を始めて1年目で世界大会に出場し、銅メダルを獲得、踊ること、表現することの楽しさを知り、数々の国内大会・世界大会に出場し、成績を残すことができました。高校2年生から大人の部門になり、憧れていた福岡のチームの方たちとグループを組み、週末は福岡に練習に通っていました。クラブチームだったので、引退はなく高校3年の春・夏にも世界選手権に出場していました。大学は通いでしたので、授業が終わってから帰宅し練習に参加していました。家族やコーチ、仲間の支えがあり競技を続けることができ、大学2年の時、学生選手権(インカレ)で個人優勝できました。

②勉強で頑張ったことや両立に向けて頑張ったこと

 授業は先生の話を聞き、ノートは必ずとっていました。ノートは後で見返しができるよう綺麗に書くよう心がけていました。分からない問題は放課後ではなく、休み時間に先生のところへ行き、教えていただきました。大学の時は、通学時間をうまく使い勉強していました。

③現在やっていること

 健大高崎での授業の他に、ダンススタジオで小学生にエアロビックや体操を指導したり、幼稚園での課外授業でダンスレッスンを行ったりしています。まだ現役でエアロビックの選手として活動しているので、自分の練習も行っています。

④健大高崎の良いところは

 健大高崎には生徒思いの先生が多いです。熱心に親身になってサポートしてくれています。部活動もとても盛んです。コースが分かれていますが校内行事も多いので、コース・クラスを越えて、いろいろな友達ができるのは良いと思います。

⑤学生に向けてのエールをお願いします

 中学生の皆さんには、失敗を恐れずいろんなことにチャレンジしていって欲しいと思います。勉強、スポーツ、趣味、なんでもいいので頑張れるものを見つけて続けてみてください。「継続は力なり」という言葉の通り、続けていれば必ず成果や結果が現れます。すぐに諦めず、「あと少しと思える気持ちが大事」だと思います。頑張ってください。応援しています。

 

❤先生有難うございました。いつも笑顔の素敵な先生で、幼稚園でも大人気の先生です。体育の先生らしく、いつもきびきびとしていますが、その中にも人としての優しさや温かさを感じさせる先生です。真のアスリートとして、世界で戦って来た競技力や自信からくる『強さに裏付けられた本物の優しさ』が滲み出ているのでしょうね…。

6-2

 先生は、 本年11/29日にグループ部門日本代表に決定し、来年4月に行われるスズキワールドカップに出場することが決まっています。ますますの活躍を期待しています。生徒たちにも時々は、先生の競技についてもお話し下さい。