現在の位置 : ホーム > NEWS&TOPICS > 総合情報 > ホットニュース 第7号 教育実習

ホットニュース 第7号 教育実習

更新日:2015年06月23日

~ホットニュース第7号~

❤教育実習生に話を聞きました!

 6月1日から、2週間または3週間にわたり、県立女子大学、東京理科大学、東海大学、武蔵野音楽大学等より、卒業生13名が本校で実習を行いました。実習を終えての感想を寄せていただきました。

実習1 実習2 実習3

 

実習で学んだことは何ですか?

・充実した楽しい3週間でした。教師は想像以上に忙しい職だと思いました。

・授業以外の仕事の多さに驚きました。

・教材研究の大切さを痛感しました。

・人とのコミュニケーションや人としての常識力の重要性を痛感しました。

・生徒への情熱を持った素晴らしい先生方に感動しました。

・健大高崎の教育力、教師力の高さに驚きました。

 
学校の雰囲気はどうでしたか?

・生徒が明るく、元気な声であいさつができる学校です。温かいです。

・先生方も明るく、いつでも話かけられる雰囲気は最高です。

・身だしなみがしっかりしていて、楽しく学校生活を送っています。

・「OASIS」を導入するなど、勉学への意識・関心・熱意を感じました。とても良い

 学習環境です。

 

生徒の様子はどうでしたか?

・素直でまじめで、笑顔が素敵な生徒です。勉強と部活動を両立している生徒が多いです。

・けじめの付く生徒が多いです。メリハリがあって、勉強しやすく、とてもいい雰囲気です。

・授業はやりやすく、優しい心遣いのできる生徒が多いです。ありがとうございました。

・生徒同士が仲良く、クラスも部活動も楽しい雰囲気で、まとまっていて気持ちがいいです。

・1年生のうちから、将来の進路や職業を意識している生徒が多く、努力していると感じました。

 

 このような意見がたくさん寄せられました。実習生の皆さん、本当にお疲れ様。そしてありがとうございました。実習生の中からホットな二人に実習後、話を聞きました。

東洋大学・河合菜摘さん(写真右上)

 『とても貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。早く現場に出て、先生としての経験を積みたいと感じました。生徒の皆さんには、「だめだ」、「むりだ」とか言わずに、まず「やってみよう」、「できるかも・・・」と前向きに考えて行動してほしいと思います。また、球技大会に参加してみて、生徒の新たな一面を見ることができ、学校行事の必要性も感じました。今回の経験を教員採用試験にも生かしたいです。』

武蔵大学・四方田愛理さん(写真左上)

 『教師自身が学び続ける姿勢を持つことが重要と感じました。生徒には、夢を語ることのできる人になってほしいと思いました。母校がこれほど綺麗で大きく伸びていて、すごく嬉しいです。私たちの誇りです。私も先生方への感謝を力にして、また頑張ります。』

(評)二人とも感性、情熱、指導力もあり、素晴らしい先生になれると感じました。頑張ってください。