現在の位置 : ホーム > NEWS&TOPICS > 総合情報 > ホットニュース第15号

ホットニュース第15号

更新日:2015年10月07日

~ホットニュース第15号~

▼吹奏楽部、感動の演奏を披露する!(9/23)

本校吹奏楽部の定期演奏会が、9月23日に群馬音楽センターにて開催されました。部員108名が息の合った演奏と華やかなステージを披露し、1800人を超える沢山の観衆を魅了しました。今回は、吹奏楽部の部長(3年生)、そして新部長(2年生)に話を聞きました。15-1      ◎生徒たちの声

藤澤留美部長(3年・藤岡東出身)

「素晴らしい演奏会にしようと、部員全員が一致団結し、色々なアイディアを出しながらやってきました。お客さんに楽しんでいただきたいと考え、108名の部員が一つになって頑張った結果、1800名を超える史上最高のお客さんが入ってくれました。素晴らしい演奏会ができて本当に嬉しく思っています。部員の頑張りと周りの人の支えや応援のおかげです。有難うございました。一生忘れない一日になりました。」

谷津えりか新部長(2年・佐野中出身)

「たった一日のために、私たちは何か月も費やしてきましたが、本番の3時間はあっという間に過ぎてしまいました。もう一度、先輩たちとステージに立ちたいという気持ちでいっぱいです。それほど充実して楽しい時間を過ごせました。部活の中では、困難なことも、危機もありました。それらのことを乗り越えて、演奏会を成功させることが出来、達成感と感謝の気持ちでいっぱいです。」

  15-215-3

 

 

 

 

◎教頭先生より

「最前列でお聴きしました。生徒の顔や真剣な表情も見ることが出来ましたし、生徒の必死の息づかいさえも伝わって来ました。魂を揺さぶられる素晴らしい演奏会で、全身で感動いたしました。1年間の生徒たちの努力の足跡を理解することが出来ました。生徒たちが創りあげた演奏会に敬意を表します。」

❤素晴らしい演奏会を指導してきたスタッフの皆さん、お疲れ様でした。特に、甲子園の応援でも頑張ってくれた吉田先生に感謝します。吹奏楽部の皆さん、次の目標に向けて全力で取り組んで下さい。


 

▼高崎高等特別支援学校の音楽教室で交流!(9/25)15-4

高崎高等特別支援学校音楽教室に招かれ、本校吹奏楽部108名が見事な演奏を披露してくれました。2日前に本校定期演奏会を開催し、素晴らしい演奏を終えたばかりの部員たちですが、疲れも見せずに見事な演奏を行い、支援学校の生徒さん、保護者、先生方合計170名に感動の音楽を届けることが出来ました。余りの感激に多くの生徒から、「涙が出るほど良かった」との感想をいただきました。本校の生徒たちも、「こういう交流ができて、本当によかった。こちらこそ感動をいただきました」とのコメントを寄せてくれました。ここに一部紹介いたします。

◎高崎高等特別支援学校の生徒さんの感想より15-5

・「健大高崎の皆さん、本当にありがとうございました。演奏はとても上手でした。すごかったです。『仁』の曲が特に良かったです。涙が出るほど感動しました。音が大きくびっくりしたけど、よかったです。」

・「演奏を生で見るのは、中学校以来でした。心に残ったのは、エル・クンバンチェロです。理由は、夏の甲子園でテレビ観戦をしながら応援したのを思い出したからです。」

・「最後に、皆さんと一緒に翼をくださいとビリーブを歌いました。大きな声で歌いました。上手にできました。すごく思い出になりました。また来てください。かっこよかったです。」

・「いろいろな楽器がありました。説明してくれてありがとう。音楽教室に参加できてよかったで す。」

・「体育館のガラスが揺れるくらい大きな音でした。『一緒に歌おう』のコーナーでは、ノリノリに歌いました。みんなで歌えて、とても楽しかったです。私たちのミュージカルも是非見に来てください。」

・「ピッコロ、コントラバス、ティンバロがあって、本当に吹奏楽部らしいなーと思いました。私はいつか吹奏楽部と一緒に歌いたいです。吹奏楽部の生徒さんが体を動かして演奏しているのが、とてもすごくて、とても迫力満点でした。戦争の曲は、戦っているような想像をしました。私はもう涙が出そうになりました。これからも頑張ってください。私も頑張ります。」

職員の皆さんより

・「生演奏は力を感じて素晴らしかったです。子どもたちからも、また聞きたいと声があがっています。」

・「感動し、感想書きますと自分から言い出す生徒がいて、本当に感動したようです。」

・「知っている曲があって、楽器の紹介もあり演奏レベルも高くて、もっと聞きたいと思いました。今までの音楽教室の中で、一番楽しそうでした。アンコールしたかったです。毎年来てください。」

❤涙が出るほどの生徒さんがいたと聞き嬉しくなりました。こちらこそ本当にお世話になりました。

◎本校生徒の声

深井春菜副部長(3年・渋川中出身)

「高崎高等特別支援学校の生徒の皆さんと一緒に音楽を通して触れ合うことが出来、今迄にない感動をいただきました。また、支援学校の生徒さんは、実に大きな声で、きちんと相手の目を見て挨拶をしていました。日頃の私たちの挨拶は恥ずかしくなるくらい、心からの挨拶に感動しました。」

茂木 桜副部長(2年・原町中出身)

「健大高崎の吹奏楽部は、大人数なので、迫力ある演奏や演技ができます。とても難しく大変なこともあるけど、演奏を見ていただいた方に『良かったよ。楽しかったよ。』と言ってもらえると何よりの喜びと達成感を感じます。支援学校の皆さん、真剣に聞いていただきありがとうございました。」

❤支援学校の先生方や生徒さん、保護者の方からも、温かい言葉を頂戴し大変恐縮しています。こちらこそ、素晴らしい交流の機会をいただき感謝しております。心からの感動と感謝、有難うございました。