現在の位置 : ホーム > NEWS&TOPICS > NEWS > ホットニュース 第21号

ホットニュース 第21号

更新日:2015年12月17日

ホットニュース第21号~がんばれ3年生!

センター試験まで、残すところ1か月になりました。21-1いよいよ本番の入試が近づいてきました。3年生は最後の追い込みに入り、不安と緊張の毎日でしょうが、全国の受験生がみんな同じ思いで、必死に取り組んでいるのです。私も受験生の時は同じでした。毎日が不安との戦いでした。でも負けないでください。落ち着いて、今やるべきことをじっくりやりましょう。最後のまとめの時期です。基礎事項は大丈夫ですか。取れる点数はきちんと取りましょう。ケアレスミスはいけません。傾向ももう一度確認して、ラストスパートに全力で取り組んでください。先生方も応援しています。冬休み中のセンター対策の補習も行います。分からない箇所があったら、遠慮しないで自分から、先生方に相談しましょう。本校の先生は、みんな全力で応援してくれます。

▼大学合格者の朗報が届いています。3年生が本気で頑張り、東北大学合格など、すでに国公立も11名の合格者を出しています。また、私学も慶応義塾、早稲田、立教、中央、法政、立命館アジア太平洋大学など難関・名門大学の合格者が続々と誕生しています。こんな話をすると、余計に焦るかもしれませんが、それはそれと受け止められる大きな器量の持ち主になってください。これから、受験される3年生は、自分たちもこの「朗報に続け」と思いを新たにしてほしいと思います。最後の最後まで焦らず、全力を尽くしましょう。ビリギャルのラストシーンを思い出して下さい。もうだめだと追い込まれた彼女が、焦りながらも必死に取り組み、ついに難しい学部に合格するシーン。ダメもとの学部に受かったシーンは、忘れられませんね。そして、必死に取り組んだ経験や姿勢は、あなたを大きく成長させてくれる。これは間違いない事実です。進路の決定した3年生も、卒業までの日々を、有意義に、そして実力を高めるよう努力してください。

▼1,2年生の皆さん、3年生の頑張りを見守り応援しましょう。そして、1年、2年後に近づいた自分たちの受験も、真剣に考えてください。目標を決めて、「早く取り組んだもの勝ち!」と考えて、スタートを切ってください。やればできる!「やらなきゃ、できない!」のです。自分の人生を大きく変える受験、この1~2年の頑張りが大きくものをいうのですから…。

 

 ●弓道部も全国選抜大会出場へ!男子団体(小澤くん、小林くん、松下くん、林くん)

 小澤くんの言葉 「優勝を目指して4人で切磋琢磨してきたので、決まった瞬間は嬉しさのあまり、思わず涙がこぼれた。一人一人が互いに助け合い、4人でつかんだ優勝だと思う。全国でも優勝する気持ちで臨みます。」

個人出場 中島くんの言葉「心技体を整え、安定した自分の射を心掛けます。健大の環境は最高です。」

女子個人出場 南雲さんの言葉「全国などの結果、悔しい気持ちで引退した先輩のためにも頑張ろうという気持ちで必死でした。優勝し、自分で全国への道を切り開くことができ嬉しかったです。自分の成長も感じました。」

ホープ登場 陸上部 林英麻さん 関東駅伝で区間2位の走り!楽しみなランナーです。

 林さんの言葉「関東駅伝で都大路を狙っていたので、すごく悔しかったです。個人区間賞と来年の京都を目指して、チーム全員で頑張ります。健大高崎は学業と両立が出来、とてもいい環境です。」