現在の位置 : ホーム > 教育内容 > 進路指導

進路指導

充実の進路指導

1.自己理解→自己啓発→自己実現の進路指導

1年次、総合的な学習の時間(授業)等で自分の性格や長所短所を理解し、学問研究や職業研究を行います。進路情報誌やPCも利用して、将来の自分の姿を想像しながら目標を定めていきます。キャリア教育の一環として、2年次は系列大学との高大連携事業や様々な大学による出前授業を実施します。3年次は、大学の特徴や入試対策のアドバイスを大学教職員から直接聞くことができる進路ガイダンスを行います。これ以外にも、進路に関する講演会や大学見学を実施しており、生徒は様々な進路行事に接することで、新しいことを知り、刺激を受け、自己実現のために本気になっていきます。

2.きめ細かな大学受験対策

土曜日には主要3教科の国語・数学・英語を中心に開講される「土曜講座」、長期休業中には主要3教科を中心に理科、地歴公民も含めた「集中講座」が実施されます。大学受験対策として実践的な演習問題を扱います。生徒へ休日の学習の機会を提供することで、学習習慣がしっかりと確立され、充実した学習環境の
中、生徒は志望校合格に向けて邁進していきます。また、2020年度から実施の大学入学共通テストでは、「知識を活かした思考力・判断力・表現力」が求められます。新テストに向け教員も研修を重ね、新テストに対応する授業を展開しています。

3.大学出前授業

2年次の7月(予定)、文学・法学・経済学・看護学・理学・工学など、学問分野ごとの大学教員による授業を開催します。生徒は、希望する学問分野を2つ選んで講義を受講します。大学の専門的な勉強(研究)とはどういうものなのか、大学卒業後はどのような仕事に就けるのかなど、大学の先生から直接話を聞くことができます。

立正大学心理学部対人・社会心理学科 特任教授 山田竜平先生

4.進路ガイダンス

3年次の4月、県内はもとより東京・神奈川・埼玉などの県外も含めた多くの大学(短大・専門学校)の説明会に参加します。校外の大型施設を利用して、生徒が興味のある大学ブースに向かい説明を受けます。大学の特徴・入試対策のアドバイスを直接聞くことができ、3年生は受験生としての意識が高まります。

ビエント高崎にて開催