校長あいさつ

ようこそ健大高崎のHPへ

本校は、昭和43年に誕生した学校であり、今年で53年目を迎えます。卒業生は22,099人を数え各方面で活躍をしています。「感謝・奉仕・友愛」の校訓のもと真の「文武両道」を目指し、全職員が心をひとつに真剣に取り組んでいる学校です。
 生徒たちは、恵まれた教育環境の中で、切磋琢磨の日々を過ごしています。本校の生徒は礼儀正しく、挨拶や服装もきちんとしていて、好感のもてる生徒だと感じています。生徒と職員との関係も非常に良好で、先生方は、生徒一人ひとりの個性と能力を開花させようと真剣に取り組んでいます。  部活動も非常に盛んです。25の運動部と23の文化部があり多くの生徒がいきいきと活動しています。昨年度は、インターハイに、男女ソフトテニス部・剣道部・柔道部・体操競技部の5クラブが出場しました。硬式野球部は、秋季関東大会で優勝し、明治神宮大会でも県勢として初の決勝進出を果たし、準優勝と大活躍しました。また、ソフトボール・サッカー、バレーボール部、弓道部、ダンス部、チアリーダー部等の部活動も活躍をしています。文化部では、競技かるた部が全国総文祭に出場しました。吹奏楽部、書道部、演劇部、写真部、筝曲部等も活躍しています。これも、生徒と先生方の心が一つとなって真摯に取り組んでいる証であると考えています。
 国の教育改革が進む現在、高大接続も大きく変わり,まさに時代の転換期を迎えています。本校でも新しい大学入試に対応した取り組みを推進し、生徒一人ひとりの進路を実現できる教育活動を目指して、生徒の確かな学力の向上にも努めています。また、「KENDAI OASIS」という本校独自の自学自習のシステムを構築し、進学実績の一層の向上を図っております。
 さらには、来年度から本格的なICT教育の導入にむけて、現在、校内のWi-Fi環境の整備を進めています。
 また、系列大学である高崎健康福祉大学では、食・医療・福祉・健康・教育の分野を専門とする5学部8学科を擁しています。2019年4月には、群馬県初の農学部生物生産学科を開設しました。このような幅広い選択肢がある同大学に進む道もある本校で、可能性を大きく伸ばしていってください。
 本校は「一人ひとりの夢を叶える」学校です。本校の教育方針を理解し、全力で自分の可能性に取り組む皆さんを応援します。私たちと共に学び、共に成長していきましょう。皆さんの入学を心待ちにしています。
高崎健康福祉大学高崎高等学校
校長 加藤 陽彦