現在の位置 : ホーム > 公共交通機関混乱に伴う対応について

公共交通機関混乱に伴う対応について

公共交通機関(JR各線・私鉄・バス等)が自然災害や事故等により混乱した場合、それを利用する生徒に対して以下のように対応致します。

1.公共交通機関が不通の場合は、無理に登校しないで安全を第一に考えて下さい。特別措置として、午前10時までに公共交通機関が運転再開しない場合、または10時以前に運転再開(代替輸送を含む)しても最寄り駅から10時までに乗車できる電車・バス等がない場合は自宅学習とし、欠席扱いにはなりません。

2.1の特別措置に該当する場合は、必ず各担任へ状況を報告して下さい。但し、学校への電話連絡の混乱を防ぐ観点から、できる限りClassiで報告をするようにして下さい。

3.公共交通機関遅延証明書が発行された場合は、必ず担任に提出して下さい。遅延証明書が提出された場合は、遅刻扱いにはなりません。

4.安易に保護者等の送迎に頼らないようにして下さい。(送迎による遅刻は、基本的には公共交通機関利用者も含め、平常通りの扱いとなりますのでご注意下さい)

5.スクールバスは始業の時間に合わせて運行します。(電車の遅延が確認できた時は臨時バスを運行する場合もあります)

6.公共交通機関に混乱があっても公共交通機関を利用しない生徒は、学校から特別な指示がない限り平常通り登校することとします。この場合の欠席・遅刻も、平常通りの扱いとします。

7.ご不明な点は,学校へお問い合わせ下さい。